ルート66 写真 KEN KANAZAWA
アメリカ大自然写真集 ルート66写真集 ken kanazawa フェイスブック
ホーム大自然旅企画コレクションアメリカお問い合わせ  
ブライスキャニオン
ブライスキャニオン

ブライスキャニオン ユタ州

1924年に国定公園、1928年に国立公園に指定、プレリードックの生息地としても有名。大自然が造った奇岩と豊かな色彩が織りなす巨大な異次元空間。フードゥ(土柱)と呼ばれる岩は光によって刻々と表情を変え、グランドサークルの花と言われる。

ブライス・キャニオンはキャニオンと言うより、ポンソーガント高原の東側沿いの浸食によって出来た巨大な自然の円形劇場。フードゥ(土柱)と呼ばれる地質構造。土柱は、風、水、氷で川床と湖床の堆積岩の浸食により形成。岩の赤、橙、白の岩の色彩はまさに花。ブライス・キャニオンの標高、海抜 2,400 m ~ 2,700 m。ブライス・キャニオンは1850年代にモルモン開拓者が移り住み、ブライスの名は1875年に入植したエベニーザー・ブライスから付けられた。

ブライス・キャニオンは空気が澄んでいる為7.3 等級の夜空を観る事が出来る、北米で最も暗い地域の1つで、肉眼で7,500の星々を観る事が出来る。殆どの場所では光害の為見える星は2,000に満たない。

インディアンの居住

プエブロ期のアナサジ文化とフリーモント文化の遺物も発見されている。パイユート・インディアンが谷や高原に移り住んで来たのは他の文化が滅びるのと同時期。インディアンは、食料の大半を狩猟採集し、農産物で補った。パイユート族の土柱に関する神話、土柱をペテン師 コヨーテによって石に変えられた伝説がある。年老いたパイユート族は、土柱を「アンカ・ク・ワス・ア・ウィッツ」と呼び。パイユート語で「赤く描かれた顔」の意味。

昼間は赤の大地の地球を感じ、夜は満点の星の宇宙を体験してみませんか?



企画名 ブライスキャニオン国立公園日帰り
価格 お一人様 $450
人数 最小催行人数 2名、最高催行人数 5名での貸切
サンプル行程
12:30~ ラスベガス各ホテル発
Cedar Cityにて休憩
 途中 星観賞
5:30頃 ブライスキャニオン国立公園到着
ブライスポイント見学 朝日観賞 Bryce Point 最も南にあり、標高も最も高いのがブライス・ポイント。 北にキャニオンを望み、キャニオン南東部の景色も一望できます。
インスピレーションポイント見学 Inspiration Point  ブライスキャニオン公園内で一番大きなBryce Amphitheater(円形劇場)を180度展望できるビューポイントです。オレンジ、黄色、茶色、白、紫などカラフルなフードゥーHoodoo(尖塔群)を見渡す事ができるブライスキャニオン観光のハイラト。ブライスキャニオンの中心に位置するビューポイント。
 約1時間15分 サンセットポイントにてナバホ・ループトレイル自由散策(75分位)ナバホ・ループ・トレイルのハイキング。サンセット・ポイントからスタートし、標高差159mを下り、往復1.4マイル(2.2km)のループトレイルを散策します。Bryce Wallstreeと呼ばれる狭くて深い谷底には細く高いモミの木が太陽に届こうと伸びています。 北欧神話に登場する神、トールの持つ武器のようなトールハンマー(Thor’s Hammerー雷神の鎚)と名付けられた巨大岩も間近に見る事ができます。
ルービーズインで朝食
9:30 ブライスキャニオン国立公園出発
Cedar Cityにてトイレ休憩
13:30~ ラスベガス各ホテル到着
含まれるもの 日本語ドライバーガイド・車両代
含まれてないもの ドライバーチップ・食事代
集合場所 ラスベガス周辺のホテルをご指定ください
詳細 詳しい詳細はお申込み後にお伝えいたします。
お申込み アメリカ旅行ツアー
 
ブライスキャニオン
Ken Kanazawa ギャラリー
写真をクリックすると拡大します。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ブライスキャニオン
  ブライスキャニオン
  ブライスキャニオン

米国ラスベガス写真家 ken kanazawa

  アメリカ オーダーメイド


HOMEアメリカ route66 写真旅企画コレクション利用規約アメリカ route66 写真お問い合わせアメリカ route66 写真サイトマップアメリカ route66 写真直接お問い合わせ : 電話(702)423-3555 / javajolv@msn.com


Copyright © KEN KANAZAWA. All Rights Reserved. Total Media Produce by All Vision Production